職安には行かない方がいいといわれていますが、これは一体どういうことなのでしょうか。 職安に行くと求人がたくさんあるので、仕事を探すなら行った方がいいように思いますよね? 確かに、求人は数多くありますが、自分が求めている条件に合うものはほんのわずかしかありません。 つまり、質のいい求人が少なく、倍率が高いということです。 では、どうして質のいい求人が少ないのでしょうか? それは、真剣に人材を求めているところは、転職サイトを利用しているからです。 絶対に優秀な人材が欲しいと思った場合、企業は職安ではなく、お金をかけてでも転職サイトを利用する傾向があります。 そのため、転職サイトには質のいい求人が多く集まり、逆に、職安には無料でしか求人募集しないような企業がほとんどといった具合になるわけです。 その中には、俗にいうブラック企業なども混ざっているので、再就職したとしてもすぐに辞めざるを得なくなるかもしれません。 また、職安に行くと暗い雰囲気が漂っているため、自分の気分まで落ち込んでしまう可能性もあります。 そうすると、転職活動に悪影響を与えるので、職安にはできるだけ行かない方がいいでしょう。